単発1dayスマホカメラ講座 京都カフェtorteさま 手作り焼き菓子の撮影 お客さま事例

単発1dayスマホカメラ講座。アンドロイドQua phone QZ 使用。

こちらが3時間のレッスンで撮っていただいた写真です。

単発1dayスマホカメラ講座 京都カフェtorte受講生Hさま お客さま事例

スマホカメラ教室お客さま事例(アフター)カフェの焼き菓子

スマホカメラ教室お客さま事例(アフター)カフェの焼き菓子

お悩み:カフェメニューの料理やスイーツが美味しそうに撮れない

カフェtorteオーナー兼パティシエのHさま。カフェメニューの料理やスイーツはとても美味しいのに、写真ではおいしそうに見えないことがお悩みでした。

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見えない写真

まず、光の状態がよくないですね。料理がおいしそうに撮れる3つの光の条件を満たしていません。
お皿やボード、カップケーキが手前に来るほど大きく膨らんでいるのは、広角レンズによるゆがみのせい。このゆがみもきれいに見えない残念なポイントです。

どうして?ときどき美味しそうに撮れる写真もあります。

そうなんです。偶然おいしそうに撮れるときもあるのです。

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見える写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見える写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見える写真

お客さま事例(ビフォー)美味しそうに見える写真

毎回このクオリティで撮れたら素晴らしいのですが!いったいどうやったらそれができるのでしょう?

おいしそうに撮れる光の条件

  1. 自然光
  2. やわらかな光
  3. 逆光・半逆光・サイド光

じつはおいしそうに撮れた写真は、どれも同じ場所で撮影していました。
いつも右からのサイド光がはいる。東向きの窓で、あまり強い光は入ってきません。明るいので照明もつけなくてOK。つまりたまたま、おいしそうに撮れる光の条件を3つとも満たす場所で撮っていたのです。
この場所は、撮影におあつらえ向きの場所。背景の白い壁も素敵です。これからはここで撮ってくださるようにアドバイスしました。

正確なカタチで撮れるカメラの設定

光の条件について学んだら、つぎは正確なカタチで撮るカメラのコツ。
お伝えすると、スマホカメラ講座開始2時間でこんな写真が撮れます。素敵なスタイリング♪ なんて美味しそうなの。

スマホカメラ教室お客さま事例(アフター)カフェの焼き菓子

スマホカメラ教室お客さま事例(アフター)カフェの焼き菓子

パティシエのHさま。もともとスタイリングはおできになるのです。きれいに並べたら、あとは撮るだけ!

スマホカメラは撮りっぱなしNG

撮影時に細かな設定ができないスマホカメラ。仕上げに画質調整するひと手間を惜しまないことが大切です。
インスタグラムでおいしそうに加工するコツをあわせてお伝えしますよ。

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ撮りっぱなし(加工前)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ インスタグラムで画質調整(加工後)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

スマホカメラ講座撮影風景(カフェメニューの撮影実習)

cafe-torte
グルテンを出来るだけ控えたSWEETS、
野菜・豆類・大豆製品(豆腐/おから/厚揚げ&油揚げ等)を使った体に優しいメニューでおもてなし

https://www.instagram.com/cafe.torte/

カフェtorte Hさま、どうもありがとうございました。