講師紹介

講師紹介

講師プロフィール画像

こんにちは。渡邊優子(わたなべゆうこ)ともうします。
川西市の自宅でパソコン教室を開いて15年になります。
カメラ教室は10年。スマホ教室は3年。
いちばん長い生徒さん方は教室オープンから15年ずっと来てくださっています。

1966年生まれ。同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒業。
現在、京都の佛教大学でコンピュータ科目の非常勤講師も兼任。
春はワード・パワーポイント、秋はエクセルを教えています。

パソコン・カメラ・スマホのお悩みをいちどに解決します

 

パソカフェは、パソコン・カメラ・スマホをトータルで学べるお教室です。
いまやこの3つは密接に関わっているもの。デジタル関係のお困りごとをまとめて解決できるのがパソカフェの強みです。

写真をきれいに撮りたい、撮った写真をおしゃれに加工したい、加工した写真で素敵なホームページをつくりたい。
サロンやお教室の先生は、デジタル関係の苦手な方が多く、気持ちはあってもつい尻込みしておられるように感じます。

スマホ・スマートフォン

ひとつずつ、できることが増えていくと楽しいものですよ。マンツーマンですからだれに気兼ねすることもいりません。
ゆっくりじっくりご自分のペースで、やりたかったことに挑戦してみませんか?

初心者女性に好まれる「かんたん&おしゃれ」なレッスン

パソカフェでお教えするのは、女性のセンスで撮る写真・女性がお好きな加工・女性に人気のアプリやソフト。
キーワードは「かんたん&おしゃれ」でしょうか。

例えば、カメラレッスン。
カメラマニアのご主人に習ったけれど、ぜんぜんわからなくて最後にはケンカになってしまった。
プロが教える写真講座に通ったけれど、まわりについていけず、先生に質問もできず、落ちこぼれてしまった。
そんな話をよくお聞きします。

マニアの男性はスペックとか理屈が好きで、そんなところから説明しようとするのでしょうが、女性がほしいのは結果です。
いますぐ、うまくなりたいのです。

必要最小限の知識とコツさえ知れば、その日からきれいな写真が撮れるようになります。
苦手意識がなくなると、楽しくなってもっと勉強したくなります。

写真を撮るのが楽しい!と感じたら。
もういちど写真講座のテキストを読んだり、ご主人と話をしてみてください。
こんどは話がわかって面白くなるはずです。

うまく撮れなくて何台もカメラやレンズを買い替えた、という話もよく聞きます。
その前にいちど、パソカフェでレッスンを受けていただきたかった!