単発1dayカメラ講座 豊中市 リズムさま アーティフィシャルフラワー撮影 お客さま事例

単発1dayカメラ講座。SONYのミラーレスカメラ使用。

ブーケ・ブートニア・ティアラを背景ボードで撮る

本日ご紹介するのは、大阪府豊中市からお越しの「リズム」さまのフォト。SONYのデジタル一眼カメラNEX-5Tを使っておられます。
5年前に購入したまま使わなくなっていたカメラ。ご自分でも驚くようなきれいな写真が撮れるようになりました。

パソカフェの3時間で写真が変わる♪単発1dayカメラ講座(一眼レフ / ミラーレス)では、ご自分の商品・商材をお持ち込みいただけます。
リズムさまは、フラワーアレンジメント教室のサンプル作品(ブーケ・ブートニア・ティアラ)をお持ち込みになりました。

まずはいつもどおり撮ってみよう

パソカフェの撮影ルームにて。まずはお持ち込みのブーケを撮影。
お好きな場所を選んで、いつもどおりに撮ってみてください。

単発1day カメラ講座事例 受講生リズムさまのフォト

まずはいつもどおり撮ってみましょう

「ピントが合ってるのか、合ってないのかもよくわからないんです」とリズムさま。
せっかくの高級アーティフィシャルフラワーなのに、実物の美しさが表現できていません。

カメラの設定について学ぼう

まずはカメラの基本設定について学びましょう。初心者向けにお話します。難しい用語は使いませんよ。

ピントが合わないのはなぜ

ピントが合わない

ピントが合わない

「これ以上近づくとピントが合わない」という距離がレンズによってきまっています。
ピントが合わない場合、すこしずつ遠ざかるとピントが合うようになります。

すこし遠ざかる

すこし遠ざかる

もうすこし遠ざかるとピントが合った

もうすこし遠ざかるとピントが合った

お手持ちの単焦点レンズ 50mm F1.8は、あまり近づいて撮れないレンズ。距離感がつかめると失敗しなくなります。

背景ボケ写真が撮りたくて、単焦点レンズを買ったんです

それならF値を変えて、どれくらいボケ感が変わるか比較してみましょう。

F1.8で撮影

F1.8で撮影

F4.0で撮影

F4.0で撮影

F1.8だとボケすぎていませんか?F4.0でも十分ボケ感はありますね。あとはお好みで設定してください。

光について学ぼう

カメラの設定について学んだどころで、つぎは光のあつかい方について学びます。
露出補正と同時にレフ板も使うと、もっと写真が明るくなりますよ。

レフ板なし

レフ板なし

レフ板で明るく

レフ板をつかうと明るくなった

おおきなブーケは逆光では暗すぎる

おおきなブーケは、窓際の逆光で撮ると暗くなる

位置を半逆光に変え、レフ板を使うと明るくなる

位置を半逆光に変え、レフ板を使うと明るくなる

構図を意識しよう

三分割法を意識して右に寄せる

三分割法を意識して右に寄せる

被写体はど真ん中&真正面に置くより、右か左に寄せて斜め向きで撮影するといい雰囲気になります。

足元にティアラとブートニア

足元にティアラとブートニア 三角構図を意識

画面に三角形や斜めの線を意識して構図を作るとまとまりやすいです。

持ち込みのブーケとブートニアをスタイリングして撮ってみよう

おうちに撮影に適した背景がない場合は、背景ボードを使うのがおすすめ。
リズムさまがお選びになったのは、淡いピンク~ブルーのシャビーなボード。
1メートル300円の壁紙を買ってベニヤ板に貼ったものです。

背景ボードを使ってブーケを撮影する

背景ボードを使ってブーケを撮影する

もうすこし近づいて

もうすこし近づいて

近づくと迫力が出ます。

背景ボード+横フレームで撮影

背景ボード+横フレームで撮影

文字入れしたい場合は、余白を大きめにあけて。

右に寄せたほうがバランスがよい

右に寄せたほうがバランスがよい

商品がいちばんきれいに見える配置・向きを探しましょう。

ブーケ・ブートニア・ティアラを背景ボードで撮る

ブーケ・ブートニア・ティアラを背景ボードで撮る

こんなにきれいに撮れました。文字入れしてそのまま名刺やショップカードにお使いになるとのこと。素敵です。

カメラレッスンを受講してのご感想

■ カメラレッスン受講前にはどんなことで悩んでいましたか?

→ピント合わせや設定です。

■ 実際にレッスンを受講していかがですか?

→レッスンは、すごくわかりやすくて、なんでだろうと思っていた事が、ひとつひとつ解消して行きました。受講してほんとに良かったなと思えました。