パワーポイント:ネットショップ用の商品画像を作成する方法

ケープ商品画像サンプル

本日ご紹介するのは、Yさまの作品。
パソカフェのパソコン個人レッスンを受講してくださいました。

ケープ商品画像サンプル

こちらが2時間のレッスンで作成していただいた商品画像。
パワーポイントで作成していただきました。
(ネットで見つけた商品画像をサンプルに作成しています)

画像編集のコツ

今回の記事では、パワーポイント2016でこの画像を作成する手順をご紹介いたします。
一般にはあまり馴染みのないパワーポイントですが、
チラシや画像・年賀状を作るなら、ワード・エクセルよりずっと簡単。

Windows7以降のパソコンなら、最初からインストールされている場合が多いです。
ためしてみてくださいね。

画像の挿入

パワーポイントで商品画像作成

【挿入】→【画像】より、商品の写真を挿入する。

画像に白い枠を付ける

パワーポイントで商品画像作成

【図ツール(書式)】→【図のスタイル】より、片方の写真に白い枠をつける。

画像の背景を削除して透明にする

パワーポイントで商品画像作成

写真を選択→ 【図ツール(書式)】→【背景の削除】をクリック。

パワーポイントで商品画像作成

「保持する領域としてマーク」「削除する領域としてマーク」の2つのボタンを使い
削除したい部分を濃いピンク色に塗りつぶす。

パワーポイントで商品画像作成

「変更を保持」ボタンをクリックして、確定。

パワーポイントで商品画像作成

白背景が削除され、背景が透明になった。
かんたんな切り抜きなら、パワーポイントでも手軽にできる。

図形編集のコツ

図形を描く(正円)

パワーポイントで商品画像作成

パワーポイントで商品画像作成

【挿入】→【図形】→【楕円】をクリック 

パワーポイントで商品画像作成

「Shift」キーを押しながら、左上から右下にドラッグして、正円を描く
(縦横比を保持したいときは、「Shift」キーを押しながら)

図形を任意の色(ブラウン)で塗りつぶす

パワーポイントで商品画像作成

図形を選択→【描画ツール(書式)】→ 【図形の塗りつぶし】をクリック

パワーポイントで商品画像作成

「その他の塗りつぶしの色」をクリック

パワーポイントで商品画像作成

「標準」タブ→ 任意の色を選択→ 「新規」の色を確かめて→ OKをクリック

パワーポイントで商品画像作成

図形の色が、ブラウンに変わった。
同様に、図形の枠線も同じ色にしておく。(または「枠線なし」にしておく)

図形に文字を入れる

パワーポイントで商品画像作成

図形を選択して、「どんなシーンでも…」と入力。

文字のサイズとフォントを変更する

パワーポイントで商品画像作成

入力した文字をドラッグして選択し

パワーポイントで商品画像作成

【ホーム】タブ→【フォントサイズ】より、文字のサイズを調整する 

パワーポイントで商品画像作成

同様に、【ホーム】タブ→【フォント】より、書体を選択する。
日本語なら、読みやすくてきれいな「メイリオ」がおすすめ。

飾りパーツ素材を挿入してコピーする

パワーポイントで商品画像作成

【挿入】タブ→【画像】より、素材集などから、飾りパーツ素材を挿入する。

パワーポイントで商品画像作成

サイズを整えたら、「Ctrl」キーを押しながらドラッグして、画像をコピーする。

画像を上下反転する

パワーポイントで商品画像作成

図形を選択→【描画ツール(書式)】→ 【回転】をクリック

パワーポイントで商品画像作成

【上下反転】をクリック。

パワーポイントで商品画像作成

文字入れのコツ

縦書きテキストボックスで文字入れする

パワーポイントで商品画像作成

【挿入】タブ→【縦書きテキストボックス】より、テキストボックスを描く 

パワーポイントで商品画像作成

文字を入力し

パワーポイントで商品画像作成

文字を選択し、フォントサイズと書体を変更する。

パワーポイントで商品画像作成

文字の両脇に縦線を入れる。

パワーポイントで商品画像作成

【挿入】→【図形】→【直線】より、直線を描く。
文字色と線の色を、ブラウンに変更する。

横書きテキストボックスで文字入れする

パワーポイントで商品画像作成

アルファベットには、欧文フォントを使う。

パワーポイントで商品画像作成

Segoe」シリーズの欧文フォントが、きれいで見やすくておすすめ。
ここでは筆記体にしたいので、「Segoe Script」を選んだ。

パワーポイントで商品画像作成

文字色をグレーに。サイズを拡大し、回転ハンドルで斜めにする。

文字を半透明にする

パワーポイントで商品画像作成

半透明にしたい文字列をドラッグして選択し、右クリック→ 「文字の効果の設定」をクリック

パワーポイントで商品画像作成

「文字の塗りつぶし(単色)」にチェック→ 「透明度」を50%前後に変更する。

パワーポイントで商品画像作成

文字が半透明になった。

保存のコツ

完成した画像を、PNG形式で保存する

仕上げに、パワーポイントで作成した画像をPNG形式で保存する。

デフォルトのパワーポイント(pptx)形式で保存したあと
さらに、JPEGもしくはPNG形式で保存する必要がある。

パワーポイントで商品画像作成

↑完成したパワーポイントファイル。これをパワーポイント形式で保存したあと、PNG形式で保存する。

パワーポイントで商品画像作成

【ファイル】→【名前をつけて保存】→ 「ファイルの種類」をクリックして

パワーポイントで商品画像作成

「PNGポータブルネットワークグラフィックス形式(*.png)」に切り替える。

パワーポイントで商品画像作成

「保存」ボタンをクリック。

パワーポイントで商品画像作成

「このスライドのみ」をクリック。

パワーポイントで商品画像作成

初期設定の「パワーポイント(pptx)形式」
Web画像として使用するための「PNG形式」の2種類で保存した例。

「パワーポイント(pptx)形式」は、あとで再編集するために必要です。

Yさま作成の新しい商品画像

この記事を書くにあたり、Yさまに連絡さしあげたところ
すこし手直ししましたとのこと。

あたらしい画像を見せていただきました。
キャッチコピー・文字色・図形の色などが変わっていますね。
よく理解してくださっています。すばらしい!

パワーポイントで商品画像作成

まとめ

生徒さんのリクエストで、パワーポイントをつかったWeb画像作成をしてみました。
見本の画像は、たぶんフォトショップかイラストレーターで作られたものだったのですが、
パワーポイントでも、かなり近い雰囲気で再現することができました。

アフィリエイトなどで商品画像を作成したいけれど
フォトショップを買うほどでもない。
でも、フリーの画像加工ソフトではすこし物足りない。

そんなとき、パソコンに入っているパワーポイントを使ってみてはいかがでしょう?

パソカフェでは「PhotoScape(フォトスケープ)」という
フリーの画像加工ソフトをおすすめしているのですが
このソフトの最大の欠点は、画像の再編集ができないこと。

サクッと作ってJPEG・PNG保存するにはぴったりなのですが
あとから色や文字を変更したりができないのです。
作業状態を保存する形式がないので。

それに比べ、パワーポイントはpptx形式で保存することにより
いくらでもあとから再編集ができます。
また、オンライン画像加工サービスに比べ、動作が軽快。

白枠などのフレーム加工、写真の切り抜き、縦書き・横書きの文字入れ、
図形描画、回転、透明度の変更、素材との組み合わせなど。
これひとつで、すべての加工ができるのも魅力です。

パソカフェでは、年賀状作成レッスンはワードやフォトショップでなく
PhotoScapeやパワーポイントで行っています。

ぜひみなさんも、試してみてください。

 

女性向け個人レッスン専門【パソコン&スマホ教室パソカフェ】@兵庫県川西市
わたなべゆうこ