ワードプレスのヘッダー画像を作ってみよう_3:「○○している自分」をイメージしやすい写真とは?

こんにちは。
女性向け個人レッスン専門【パソコン&デジカメ教室パソカフェ】@兵庫県川西市
わたなべゆうこです。

ワードプレスのヘッダー画像を作ってみよう_3

パソカフェホームページのヘッダー画像は現在3代目。
年末にコレ(以下の3枚)に変えてから、ぐんっとお問い合わせが増えました!

ヘッダー画像完成1

ヘッダー画像完成2

ヘッダー画像完成3

ヘッダー画像って大事なのね。。

1回目の記事では、ヘッダーを「明るい雰囲気のピンク系」にすることに決めたお話。

2回目の記事では、写真の撮り方・縦横比率・トリミング・リサイズについてのお話。

3回目のこの記事では、「手が写っている写真」を取り入れた経緯についてお話します。

人物の写っている写真が1枚もない!

レッスン風景の写真がない?!

パソカフェのサイト診断とアドバイスをお願いした永井先生から、
年末にこんなコメントをいただいていたのです。

“レッスンの写真” を掲載した方が絶対に良いと思います。
パソコンレッスンなら、机で先生が横について教えていたり、
カメラレッスンなら、撮影している風景を載せたり。

具体的に「こんな感じのレッスンなんだ」とイメージが湧くことで、
初回問合せの抵抗がかなり下がると考えます。

永井先生の「サイト診断とアドバイス」レッスンについての記事はこちら↓

そうなんです。
これまでいろんなセミナーでも「人物の写真は鉄板」「レッスン風景・生徒さんの笑顔を載せて」と聞いていたのに、まだ載せていなくて。

そもそも、自分のプロフィール写真をホームページに載せるのに抵抗があったし
生徒さんの写真を撮らせていただく・ましてや掲載するのに抵抗がありました。

わたし自身、写真が苦手なだけで、
生徒さんは気軽にOKしてくださるかもしれないのですが…。

自分の手をモデルに使おう!

困った末に考えついたのが、自分の手をモデルに使うことです。
生徒さんのお好きなピンクの明るいヘッダー画像で目を引き
手の写真で、その写真を撮る過程をイメージしていただけたらと。

素敵な紅茶のパッケージ:写真を撮るセット&カメラを持つ手

ヘッダー画像に使う写真

1-A ヘッダー画像に使う写真

ヘッダー画像に使う写真を撮るセット

1-B ヘッダー画像に使う写真を撮るセット

写真を撮るセット&カメラを持つ手

1-C 写真を撮るセット&カメラを持つ手

春のリースとキャンドル:写真を撮るセット&並べるようす

ヘッダー画像に使う写真

2-A ヘッダー画像に使う写真

写真を撮るセット&カメラを持つ手

2-B 写真を撮るセット&カメラを持つ手

写真を撮るセットを並べるようす

2-C 写真を撮るセットを並べるようす

正司邸のガーデンローズ:パソコンで写真を加工する手

縦横比「3:2」の写真

3-A ヘッダー画像に使う写真

ヘッダー画像作成のようす

3-B パソコンで写真を加工する手

「○○している自分」をイメージしやすい写真

完成したヘッダー画像はこんな感じです

ヘッダー画像完成1

写真を撮るセット&カメラを持つ手がはいったことで
カメラをもって撮影している自分」をイメージしやすくなったでしょうか?

ヘッダー画像完成2

こちらはそのスマホカメラ版です。
それぞれ、講座名とキャッチコピーも入れました。

ヘッダー画像完成3

最後の写真は迷いましたが、このまま画像だけで使うことにしました。
パソコンで写真を加工する手」の写真は、別ページで使っています。

インスタグラムやピンタレストでも「手の入っている写真」をよく見かける

そういえば、インスタグラムやピンタレストでも。
写真の一部に手が入っているものをよく見かけますね。

コーヒーの紙コップをもっていたり。
花束を差し出していたり。
ネイルの写真も、手がキレイだとハッとします。

手って、ひとの視線が自然に向くものなんですね。

「○○している自分の手」を撮ってみませんか

私と同じように、生徒さんに「レッスン風景の写真を撮らせて」と言えない先生
まずは「○○している自分の手」を撮ってみませんか。
それだけで生徒さんにとっても「○○しているワタシ」をイメージしやすい写真になると思います。

仲のいい生徒さんや友達にお願いするときも、「手だけ」の撮影ならハードルが低いかな。
美肌アプリや写真加工を研究して「こんなにキレイに載りますよ」とアピールするのもいいですね。

サイトのビジュアルデザインについて、デザイナーのあつこ先生に相談してみた

じつは、ヘッダー画像のリニューアルはまだこれで終わりではありません。
近々、4代目に変える予定。

自力でここまでがんばって、それなりの手応えは感じましたが
やっぱり、いまひとつ垢抜けない。なにかが違います。

そこで月1回のデザインレッスンで、デザイナーのあつこ先生にご相談。
思いもかけないアドバイスをいただきました。
目からうろこ。コロンブスの卵。
プロにデザインを教わるってこういうことなのね。

お話したくてうずうずしていますが、まずはアドバイスどおりに画像を作ってからです。
きょうはここまで。 続きをまた読みに来てくださいね。

女性向け個人レッスン専門【パソコン&デジカメ教室パソカフェ】@兵庫県川西市
わたなべゆうこ